採用情報
プロジェクト紹介
前橋積善会 厩橋病院 新病棟新築工事
前橋積善会 厩橋病院 新病棟新築工事
■工  期 2015年10月〜2017年5月
■敷地面積 9,670.67m²
■延床面積 7,552.56m²
■構  造 RC造
■施  工 小林工業株式会社
県内有数の大病院建設への挑戦
 発注者である「公益社団法人 前橋積善会」様は、弊社と同じく1880年(明治13年)創業であり、厩橋病院は群馬県で最も古い精神科病院です。弊社は1929年(昭和4年)に最初の厩橋病院の建設工事にも携わっており、深いご縁を感じます。2015年7月の指名競争入札を経て、同年に契約・着工となり、2017年に竣工となりました。
Point1.最優先は病院利用者の安全を守ること
最優先は病院利用者の安全を守ること
 現場のすぐ隣りでは移転前の病院が運営中です。そのため病院で働く人や患者さんに危険が及ばないように、様々な取り組みを行いました。現場では常時ガードマンを配備するのはもちろんのこと、搬入出のゲートに車が入ってくるのが分かるように音付きの警報灯を設置。また患者さんの食事を作る施設が別棟にあるため、配膳車の通路は極力段差を無くし、スムーズに通れるように配慮しました。
▼
Point2.病床数400を超える膨大な規模の工事
病床数400を超える膨大な規模の工事
 延床面積が約7,500m²。携わった人数約18,000人の大規模な工事です。建物を支える地盤を強化するために、直径600mmもある杭を120本近く地面に打ち込み、地下の施工もある基礎工事では土の量が膨大なため、崩れない様に木で山留めをする対策を行いました。コンクリートの量も膨大であり、1日に600m³も打ち出す日もあるほど、1月から始まったコンクリートの打ち込みは7月まで及び、最終的に約7,500m³もの量を打ち込みました。施工する部屋の数も100を超え、診療科や用途に合わせた多種多様な部屋の仕様に苦労しました。
▼
Point3.経験を活かし大病院ならではの施工に対応
当社と協力業者の総合力を活かして
 1フロア最大約2,850m²ある4階建ての大病院。特に1階は床から天井までの高さは最大6〜7mもあります。そのため柱の鉄筋を施工する際等に高所作業車を50台近く使用したり、型枠工事の際に高さが足りない分足場を組み立てて対応したりと、これまでも数々の大型物件を担当してきた経験を活かし対応。2階から上の工事からはクレーンを使用するため、午前はここの工区、午後はここの工区と、限られた敷地に設置したクレーンのスケジュール管理や作業員への通達を徹底し、工事を乗り切りました。
こちらの工事に携わって。
 とても規模の大きい現場でしたが、若手社員も能力以上を発揮し、今後の現場に活かせる良い経験になったと思います。ただし組織では自分が頑張るだけではなく、人を動かし取りまとめることも重要かつ必要な能力です。今回の工事でも工種によって入れ替わる作業員の把握や指示、また工程通りに工事が進むよう、工区ごとの調整や工程管理に気を配りました。規模の大きい大変な工事でしたが、地域になくてはならないものの建設工事に携われたことに大きな達成感があります。 施工監理 飯島 一明 1985年入社
施工監理 飯島 一明 1985年入社
こちらの工事に携わって
 
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 経営方針
  • 会社沿革
  • 社会貢献活動
  • 採用情報
  • グループ会社・関連会社
  • NEWS&TOPICS
  • スタッフブログ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
代表挨拶
社員ブログ
採用情報
Copyright(C) 2011 kobayashi kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.