Sae(さえ) 光熱費0円を目指す家
耐震や健康素材など、住まう人の「安全」「安心」を何より大切にした家「Sae」。例えば、耐震なら、最高レベルを実現したこともその証です。また、地盤調査や環境測定といった徹底した現場検査を行うなど、130年余培ってきた経験と実績、確かな施工技術で「安心の住まい」を創ります。
地震大国日本において、皆様に安心して長く暮らしてもらうために、耐震は必須条件。「Sae」で実現できる等級3は、国土交通省が定めた住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。「Sae」では全棟で構造計算を行い、地盤調査を実施。ベタ基礎や耐震金物を採用するなどして、最高レベルの「地震に強い住まい」を実現できます。
構造計算とは、設計する際に、建物の補強と安全性を確保するための計算です。
(耐震等級3相等)
小林工業では、1棟1棟に対し構造計算を行い、安全で安心な家づくりを実現しています。
小林工業では、すべての住宅で地盤調査を行っています。また、調査で補強が必要だと判断された場合は徹底して地盤補強工事を行っており、整った強い地盤の上に住宅を建築しています。
住宅の基礎工法は大きく分けて「布基礎工法」と「ベタ基礎工法」がありますが、小林工業では全棟ベタ基礎工法を採用しています。ベタ基礎とは底面一面がコンクリートになっている工法で、強度が高いことに加え、湿気やシロアリの侵入も防ぐことができます。
設計時の耐力計算の値を基に、耐震金物を適所に設置しています。
さらに小林工業では、耐震等級3の規定に基づいた金物図を作成し、工事業者と共有することで正確でミスのない施工をしています。
小林工業では、公的機関及び第三者機関(住宅あんしん保証)による検査を行っています。「基礎配筋検査」「躯体検査」「中間検査」「完了検査」計4つの厳しい検査を受けることで正確な施工体制はもちろん、お客様に安全と安心をご提供できるようにしています。
※建築場所によっては瑕疵保険の検査により中間検査が省略される場合があります。
安心・安全の家づくりは当社だけでは実現できません。信頼できる腕の良い職人さんたちがいて初めて実現します。小林工業では、品質や施工レベル、お客様満足の向上のため、月に1度業者会を開催し各現場の報告や意見交換を行っています。
LIXILのスーパーストロング構造体バリューの採用により耐震設計を行い、建物の耐震性能を高めることができます(耐震等級3)。更には、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合、最高2,000万円までの建築費用の一部を負担する「耐震補償」が受けられ、安心な暮らしをサポートします。
※別途費用がかかります。
 
住まいで重要なのは、間取りやデザインだけではありません。家族が長く使うものだから、 建築に伴う様々な検査、しっかりとした構造、体に優しい建築素材、アフターフォローなどが大切な要素となるのです。こうした数々の「安心」を標準装備した住まい、それが「Sae」です。
 
創業130年余。これまで、一般住宅をはじめ、病院や福祉施設、大学や小中学校、公共施設や大型店舗など多彩な建築物を手がけてきました。こうして培った確かな技術力、そして経験を最大限に生かし、信頼と安心という2本の柱であなたの住まいを支えます。
「地域密着型企業」だからできること、実はたくさんあるんです。いつもそこにいる「住まいのパートナー」として、家に対する様々な疑問、要望などにも精一杯、お応えします。もちろん、アフターフォローも万全。スタッフ一同、あなたの家づくりを全力でサポートします。どうぞ、お気軽にご相談ください。
シックハウス症候群の原因とされるのが、「ホルムアルデヒド」。Saeでは、こうした揮発性化学物質が少なく、建築基準法で最も安全とされる「F☆☆☆☆」評価を受けているい建材・家具を使用します。また、24時間システムにより2時間に1回程度、室内の空気を入れ替えて常にキレイな状態に保ちます。冷暖房の効果は変わらないので、経済的にも安心です。
24時間換気システム 低ホルムアルデヒド認定の「F☆☆☆☆」
   
  • Chocolat!(ショコラ)好みに合わせて心地よさが選べるおうち
  • Sae(さえ)光熱費0円を目指す家
  • ASJ 建築家とつくる家
  • リフォーム
  • スマートウェルネス住宅
  • 優渾 あたたかいコンクリートの家
  • yess建築
  • クール上手
  • マンション
代表挨拶
社員ブログ
採用情報
Copyright(C) 2011 kobayashi kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.