取材インタビュー
開業から18年目を迎え、同じ町内に鉄筋
コンクリート造2階建ての施設を
新築した「たまむら町中野動物病院」。
同院院長・中野浩明さんに、
院内を案内していただきました。


「鉄筋コンクリート造と言えば、小林工業」

18年前の開設以来、地元で “和みの動物病院”として愛されてきた「たまむら町中野動物病院」。地域に根ざした動物医療を目指す中で次第に患者数も増え、「近年では建物が手狭になっていました」と同院長・中野浩明さんは語ります。
「当初は同じ場所で広い建物を新築しようと考えたのですが、市街化調整区域のため実現できず……。そこで、同じ町内に土地を探し、引っ越すことにしたのです。もともと当院が建っていた場所は、ここから2キロしか離れていないんですよ」

今回、新築した同院の設計は、中野院長が数年にわたり構想を温めてきたイメージを動物病院の建物専門の設計士さんに伝え、提案してもらったそうです。
「施工を小林工業さんにお願いしたのは、医療施設や公共施設を多数手掛けるなど実績があるのを知っていましたし、『鉄筋コンクリート造と言えば、小林工業さんだ』と思ったからです。それに、県内外の工務店など6〜7社へ建築費用の見積もりを依頼したところ、小林工業さんが一番低く見積もってくれたんですよ(笑)」

細部まで丁寧な仕事に“信頼感アップ”

今年(2010年)2月に工事が始まると、中野院長はあることを感じたと言います。
「これまで自宅の新築や増築・別荘のログハウスの新築など数回にわたって業者さんと接してきましたが、予定がけっこう大雑把で、中には1カ月も工期が延びたりして。でも小林工業さんはとても“きっちり”していて、予定通りに工事を進めてくれました。営業担当の関さんをはじめ、現場の人もみんな何かあれば小さなことでも必ず連絡をくれて、とても信頼感がありましたね」

そして予定通り、9月1日に新しいスタートを切りました。前室を備えた手術室の広さは、従来の約2倍の広さに。鉄筋コンクリート造で全体的に重厚感を醸しつつも、随所に曲線が配置され、やわらかな印象です。また太陽光発電システムとともに、患者であるペットたちが歩く床には床暖房を設置し、冬の寒さにも備えています。
「前の建物を知っている患者さんから『すばらしい建物ですね』と言ってもらえるのはうれしいですね。でも実はこの夏、天井近くまである窓と吹き抜けが災いして、待ち合いスペースはけっこう暑かったんです。冬の光熱費が少し気がかりかな。とは言え、分院だったトリミングルームを院内に設置することができて、動物診療の充実を図ることができました」

文・撮影/フリーライター 増田 美栄子

●引き渡し…2010年8月
●住宅タイプ…鉄筋コンクリート造2階建
●建坪…200坪
店名/たまむら町中野動物病院
所在地/佐波郡玉村町福島1325-1
電話/0270-64-2900 (トリミング0270-65-9836)
診療時間/9:00〜12:00、16:00〜19:00
月曜・第3日曜休診
http://www5.wind.ne.jp/nakano/
  • 注文住宅
  • 住宅施工実績
  • 取材インタビュー
  • お客様の感想
  • 一般建築
  • 公共施設
  • 文化・教育施設
  • 医療・福祉・介護施設
  • 工場・倉庫
  • 集合住宅
  • オフィス・商業施設
  • 土木
  • 土木施工実績
代表挨拶
社員ブログ
採用情報
Copyright(C) 2011 kobayashi kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.