取材インタビュー
前橋・T様邸は、雑貨の収集が大好きな
奥様こだわりの、シンプルでかわいい家。
家中にディスプレースペースを設け、
“お気に入り”を思う存分飾りつけて、
雑貨屋さんのような毎日を楽しんでいます。


自由設計で思うがまま
家族みんなが納得の住まい

長男の幼稚園入園がマイホームを建てるきっかけとなったT様ご夫妻。「家を建てるなら、自由設計で思い通りの家が建てられる小林工業で」と決めていたそう。

グリーンのソファと照明が映えるLDKを見回すと、造作棚やキッチンカウンターなどにディスプレースペースが設けられ、小物や写真などが飾られています。

「玄関や階段、トイレなど、ちょっとした空間に棚やニッチを設置しているんですよ。お気に入りの雑貨店をお手本にしながら、少しでも飾れる場所があると、ここには何を置こうかしらってウキウキしちゃうんです(笑)」とうれしそうに語る奥様。

プラン作成中は、女性の設計士さんが、T様ご一家の“さまざま”な意見を取り入れて提案してくれたのが印象的だったとか。

「屋根の色も、なかなか決まらなくて……そこでもイメージ通り色を提案してくれて助かりました。そうそう、私が用意したアイアンパネルを主人が現場担当者と試行錯誤して階段に取りつけてくれたので、バルコニーのアイアンとの統一感が得られて良かったですよ」

動線を優先した暮らしやすい間取り

「当初、土地の形状とイメージしていた間取りが合わず苦労しましたが、動線を重視することで解決しました」と奥様。

「キッチンと洗面室と脱衣室がつながっているので動きやすいです。また玄関を中央にリビングと和室を左右に分け、部屋同士がほどよく離れているので、和室で子どもがお昼寝をしていても気にせず家事が出来るんです」
ほかにも、玄関と和室が近いため、夜、お子さんを寝かしつけていても帰宅した旦那様を迎えられるなど、メリットが多いといいます。

「子どもを持つ親として、時短になる動線なので家事がしやすいんですよ」


そして間取り決定の中で何より最優先したのは、シューズクロークを設けることと、2階に3つの子ども部屋と寝室を作ることだったとか。

「2階の丸柱には、家族の誕生日ごとに、身長を刻んで残しています。子どもが大きくなったら、子ども部屋に仕切りをつけたいなって思っています。ガーデニングにも挑戦したい! 」


玄関先にはすでに、庭が完成したら取り付けようとガーデンプレートを用意済みとか。これからも、T様邸の夢は広がります。

文/フリーライター 増田 美栄子

●入居…2012年2月  ●住宅タイプ…木造2階建+太陽光パネル  ●ご家族…T様ご夫婦+お子さん2人
●建築面積…20.62坪  ●延床面積…37.78坪
●間取り…1階/LDK+和室+浴室・洗面・トイレ+ウッドデッキ、2階/4部屋+ウォークインクローゼット+トイレ
  • 注文住宅
  • 住宅施工実績
  • 取材インタビュー
  • お客様の感想
  • 一般建築
  • 公共施設
  • 文化・教育施設
  • 医療・福祉・介護施設
  • 工場・倉庫
  • 集合住宅
  • オフィス・商業施設
  • 土木
  • 土木施工実績
代表挨拶
社員ブログ
採用情報
Copyright(C) 2011 kobayashi kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.